浮気・不倫が発覚!相手が未成年者だった場合に、注意すべき3点

探偵の浮気調査結果、あなたのパートナー(夫または妻)の不貞行為が発覚し、その不倫相手が未成年者だった場合には、成人と違い注意すべきことがあります。

未成年の浮気・不倫問題は、トラブルが多く、取り扱わない弁護士もいます。

ただでさえ、不倫されて辛いのに、相手が未成年だと・・・ダブルパンチです。

解説します。

あなたのパートナーが未成年の不倫相手やその親から訴えられたり、慰謝料や損害賠償を請求されてしまうのでしょうか? あなたが受けた損害は、まだ子どもだからと、大目に見られ、あなたからパートナーに離婚を請求したり、未成年の不倫相手または、その親に慰謝料を請求することはできるのでしょうか? 解説します。

注意1 【法律上の扱い】不倫相手が未成年でも不貞行為は成立します

まず法律上の扱いですが、結論から言いますと、不倫相手が未成年だとしても、成人の場合と大差ありません。 あなたのパートナーと、未成年の不倫相手の両方に不貞行為があったとみなされます。

不倫相手が未成年でもあなたのパートナー(夫または妻)の不貞行為は成立

あなたのパートナーの不倫相手が未成年でも不貞行為をしていれば、あなたのパートナは不貞行為をしていたとみなされます。

また、不倫相手の職業は特に関係ありません。相手が風俗嬢でも該当します。

未成年の不倫相手にも不貞行為の法律は適用されます

不倫相手が未成年だとしても、自分のしていることの良し悪しを判断できる年齢であれば、法律的には不貞行為が成立します。

根拠となる法律は、
民法712条”未成年者は、他人に損害を加えた場合において、自己の行為の責任を弁識するに足りる知能を備えていなかったときは、その行為について賠償の責任を負わない。”
です。

この弁識の知能は11~12歳以上であれば、持っていると判断された判例がありますので、不倫相手が中学生以上であれば、未成年でも「不倫はいけない!」というのは知っているはずなので、賠償責任を持ちます。

注意2 【慰謝料請求】不倫相手が未成年の場合の慰謝料請求は可能

不倫相手が未成年でも成人と同じように法律が適用されるので、慰謝料も成人と同じように請求できます。

不倫相手の未成年に慰謝料を請求する際の注意点

不倫相手が未成年でも慰謝料を請求することはできますが、未成年の場合には、支払能力が少ないことが多く、慰謝料の額が低めになるのが実態です。

それでは、未成年の不倫相手の親に対して、慰謝料を請求できるかというと、できません。

理由は、未成年の子どもに責任能力があるとみなされているため、親には責任が及ばないからです。

未成年の不倫相手が結婚していると相手のパートナーから慰謝料請求されるかも

未成年の16歳以上の女性、18歳以上の男性であれば、親の同意があれば結婚できます。

未成年の不倫相手が結婚している場合には、W不倫になりますので、不倫相手のパートナー(夫または妻)からあなたのパートナーが慰謝料を請求されるリスクが出てきます。

あなたが不倫相手に慰謝料請求していることを、不倫相手のパートナーにわからないようにするために、事前に守秘義務を結んでおく必要があります。

探偵会社に浮気調査を依頼する際に、事前にアフターケアも含めて相談しておきましょう。

注意3【未成年の不倫相手の親からの逆襲】法律で片付かないリスク

未成年でも「浮気・不倫はいけないこと」と知っている責任能力があるとみなされますので、未成年の不倫相手の親から、あなたのパートナーが訴えられ、慰謝料を請求されることは基本的にはありません。

訴えたとしても、お互い納得して不倫しているとみなされ、請求は却下されることが大半です。

ですが、法律ではそうですが、一般的には、成人であるあなたのパートナー(夫または妻)が問題を引き起こした責任があると考えられます。

未成年の不倫相手の両親とトラブルは絶対にさけるべし

未成年の不倫相手と慰謝料支払いの契約をする際には、親権者の両親の同意を得ておく必要があります。

なぜなら同意がないまま契約してしまうと、後々、契約を破棄される可能性があるからです。

つまり未成年の本人だけでなく、両親も含めた示談が必要になります。

ですが、成人既婚のあなたのパートナーと自分の子どもが不倫をしていたと知ったら、未成年の子を持つ両親からすれば、どういう気持ちになるでしょうか?

法律では、未成年でも責任能力があるとみなされるため、不倫相手の親からあなたのパートナーを訴えることは難しいです。

ですが、年長者のあなたのパートナーが未成年の子どもを言いくるめて性行為を行わせたと未成年の不倫相手の両親は解釈し、許せないと考えるでしょう。

あなたがパートナーに慰謝料を請求せず、未成年の不倫相手にだけ慰謝料を請求するといった不倫相手の両親を刺激することは絶対に避けましょう。

両親とのトラブルが、あなたやパートナーの近隣、勤務先等の周囲に広がりかねません。

未成年の不倫相手が妊娠していたら、親から訴えるのは難しいが・・・

未成年の不倫相手があなたのパートナーの子を妊娠したとしても、不倫相手は責任能力があると認めてられますので、未成年の不倫相手の親から訴えられるリスクは低いです。

妊娠した子どもを中絶する場合も、不倫相手の同意が必要なので、中絶に対して、パートナーに慰謝料を請求される可能性は少ないです。

出産した場合には、その子に対する扶養義務があなたのパートナーに発生するなど、面倒なことになります。

まとめ:未成年の不倫相手の両親も含めた解決が必須で難易度高

あなたのパートナー(夫または妻)の浮気・不倫相手が未成年であっても成人であっても法律的な扱いはほとんど変わりないことを説明しました。

探偵会社にあなたのパートナーの浮気・不倫を調査する際には、浮気相手の年齢も調べてもらうのを忘れず契約に入れておきましょう。

未成年に手を出して消えた芸能人もいるように、浮気・不倫相手が未成年だった場合には、その両親も含めた解決が必要になり、とても難しい問題に発展する可能性があります。

さっさと離婚し、再スタートを選択する方が良いかも知れません

当サイトおすすめ!浮気・不倫調査・法律相談に強い探偵事務所

弁護士が経営するアフターケアが安心 ALG探偵社

  • 弁護士が経営する業界初の探偵会社
  • 弁護士法人と併設し、東京、埼玉、千葉、横浜の4拠点に展開
  • 社長弁護士は、”ヤンキー弁護士”としられ、著書、TV出演多数
  • 報告書の証拠能力は、弁護士お墨付きで確実!

日本全国フルカバー安心の低料金 あい探偵(旧 ひまわり探偵事務所)

あい探偵

  • 安心の低料金設定システム
  • 浮気証拠が取れなければ調査料金0円プランを採用
  • 全国対応、調査開始エリアまでの移動費不要
  • 調査後、顧問弁護士へ無料相談可能

料金トラブルが少ない圧倒的な調査力 原一探偵事務所

原一探偵事務所

  • 43年の調査実績◆解決実績10万件以上!テレビでおなじみ
  • 全国主要都市18拠点の全国ネットワーク
  • 探偵業界で日本最大級の調査員数!社員数100名以上!
  • 最新鋭の調査機材を装備!

探偵会社の無料一括見積サイト 探偵さがしのタントくん

探偵さがしのタントくん

  • 全国の優良探偵社から、ピッタリの探偵社を2分で無料診断
  • 探偵会社に個人情報が伝わることなく匿名で相談が可能
  • 相談から探偵会社の紹介まで完全無料
  • 中立的な立場で最適なアドバイス

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください