浮気と不倫の違いとは?慰謝料を請求できる境界線を解説

「浮気」と「不倫」は何が違うのでしょうか?どこからどこまでが浮気で、どこからが不倫なのでしょうか?

解説します。

浮気と不倫の違いとは?慰謝料を請求できる境界線を解説

浮気、不倫とも婚姻生活をしているパートナーがいるにも関わらず、他の異性と関係を持つ場合に使います。

浮気が広い範囲で使われるのに対して、不倫は限定的な狭い範囲で使われることが一般的です。

浮気と不倫の違いと境界線を解説します

浮気の定義は非常に範囲が広く、交際関係に関係なくパートナーがある状態で他の異性に関心を向ける、接触を持つ、一時的な関係でも使います。

浮気は、結婚していないお付き合いをしている人が他の独身の異性と肉体関係を持っても、「不倫」ではなく、「浮気」になります。

浮気は、「行為」よりも「気持ちの動き」だけでも使われ、肉体関係があっても独身者同士の場合に「浮気」が多く使われます。

「浮気」の定義は、人それぞれで、あなた以外の異性とのメール交換、手をつなぐと「浮気」と考える人もいますし、手を繋ぐだけならセーフと考える人もいます。

パートナー(夫または妻)が、
・あなた以外の異性を好きになるだけで肉体的な接触がない
・あなた以外の異性と手を繋ぐ、ボディタッチ、キスをした
場合だと、「浮気されたので、心が傷ついた。」と慰謝料請求しても法的に認められるのは困難です。

キスやハグは法律上、不倫とは認められません。

感情的に「裏切り」と感じるかもしれませんが、キスやハグが挨拶の風習になっている国もありますし、「仲が良い」程度に解釈されます。

浮気では、離婚や慰謝料請求はできません。

浮気と不倫の定義は人それぞれ!他の異性と関係がある場合が境界線

配偶者を持つ人が、独身、既婚者によらず、異なる異性を相手に肉体関係を持つと不倫になります。

お互いが独身者同士でなければ、肉体関係を持つと不倫に該当します。
既婚者同士の不倫を俗に”ダブル不倫”と呼んだりします。

また同性同士の関係では法的には不倫に該当しません。

浮気と違って不倫は罰せられる?民法上での扱い、境界線を解説

「不倫」という言葉は民法にはなく、「不貞」が第770条に使われています。

第770条
夫婦の一方は、以下の場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。
配偶者に不貞な行為があったとき
配偶者から悪意で遺棄されたとき。
配偶者の生死が3年以上明らかでないとき。
配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。
裁判所は、前項第1号から第4号までに掲げる事由がある場合であっても、一切の事情を考慮して婚姻の継続を相当と認めるときは、離婚の請求を棄却することができる。

「不貞行為」とは配偶者以外の特定の異性との性的行為または類似行為を繰り返すことで、一般的には挿入したかどうかが分岐という挿入神話が根強いですが、過去の判例からは下半身が絡むかどうかが不貞かどうかの境界線と解釈されています。

不倫をした場合、民法では、第709条および第710条を法的根拠に損害賠償、財産以外の損害に対しても賠償することを求められます。

第709条
故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。

 

第710条
他人の身体、自由若しくは名誉を侵害した場合又は他人の財産権を侵害した場合のいずれであるかを問わず、前条の規定により損害賠償の責任を負う者は、財産以外の損害に対しても、その賠償をしなければならない。

これら3つの条文から、あなたのパートナー(夫または妻)が不貞行為をした場合には、あなたから
・パートナーとの離婚
・パートナーと不貞相手に対して慰謝料(損害賠償)
を請求することができます。

不貞行為をしたあなたのパートナー(有責配偶者と呼びます)が不倫相手と再婚しようとあなたとの離婚を請求することはできません。

しかし、すでに別居や家庭内別居など夫婦関係が破綻して回復する見込みがないと第三者が判断できる場合には、離婚請求が認められる場合があります。

あなたのパートナー(夫または妻)が既婚者ということを不倫相手(Xとします)が知らなかった場合には、Xには慰謝料請求ができません。

Xが既婚者だった場合には、Xの配偶者から慰謝料を求められる可能性があります。

不貞行為を訴えて勝訴した場合には損害賠償金(慰謝料、養育費等)を得ることができます。

浮気・不倫の違い!法的に離婚理由にできる不倫、不貞行為と境界線

法的に不倫を離婚理由にするためには、法的な証拠が必要です。

メール、LINEの履歴では不倫の法的証拠にはなりません。

あなたのパートナー(夫または妻)と不倫相手の間に複数回の「肉体的関係(不貞行為)」があったと確実に証明できて慰謝料を請求することができます。

ですが、不貞行為の証拠は簡単には見つかりません。なので裁判では前後の状況から判断されます。

一夜かぎりの密会では不貞行為があったことを証明できなくても、複数回あれば不貞行為があったと推定されやすくなります。

また回数が1回だけだとしても場所がラブホテルだと、不貞行為があったと認められやすくなります。

例えば酔っ払った勢いで、あなたのパートナー(夫または妻)が異性と肉体関係を持つと不貞行為になりますが、過去の裁判例では1回だけの不貞行為のために離婚を認めたケースはあまりありません。

法的な証拠となると、顔、日時、場所がはっきりわかる映像が複数必要になりますし、不倫相手へ慰謝料を請求するのであれば、住所、職業も探し出せたほうが良いです。

このような法的な証拠を個人で得るのは難しく、ほとんどの方がプロの探偵会社に調査を依頼します。

不倫証拠がないと慰謝料の支払い義務は生じませんが、証拠を確保することで、慰謝料を請求できます。

当サイトおすすめ!浮気・不倫調査・法律相談に強い探偵事務所

弁護士が経営するアフターケアが安心 ALG探偵社

  • 弁護士が経営する業界初の探偵会社
  • 弁護士法人と併設し、東京、埼玉、千葉、横浜の4拠点に展開
  • 社長弁護士は、”ヤンキー弁護士”としられ、著書、TV出演多数
  • 報告書の証拠能力は、弁護士お墨付きで確実!

日本全国フルカバー安心の低料金 あい探偵(旧 ひまわり探偵事務所)

あい探偵

  • 安心の低料金設定システム
  • 浮気証拠が取れなければ調査料金0円プランを採用
  • 全国対応、調査開始エリアまでの移動費不要
  • 調査後、顧問弁護士へ無料相談可能

料金トラブルが少ない圧倒的な調査力 原一探偵事務所

原一探偵事務所

  • 43年の調査実績◆解決実績10万件以上!テレビでおなじみ
  • 全国主要都市18拠点の全国ネットワーク
  • 探偵業界で日本最大級の調査員数!社員数100名以上!
  • 最新鋭の調査機材を装備!

探偵会社の無料一括見積サイト 探偵さがしのタントくん

探偵さがしのタントくん

  • 全国の優良探偵社から、ピッタリの探偵社を2分で無料診断
  • 探偵会社に個人情報が伝わることなく匿名で相談が可能
  • 相談から探偵会社の紹介まで完全無料
  • 中立的な立場で最適なアドバイス

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください